病院・医療機関

  1. Home
  2. 法人のお客様
  3. 病院・医療機関

病院・医療機関の現状

少子高齢化や不景気の影響を受け、病院やクリニックをはじめとする医療業界は現在、厳しい状況に置かれています。そんな中2025年問題(75歳以上の後期高齢者が約2,200万人に到達)や社会保障の変化など、今後はさらに状況が深刻化すると予想されています。
また、地域レベルで在宅医療と高齢者への医療・生活サービスを推進する「地域包括ケアシステム」をはじめとする「医療」と「介護」の垣根の見直しも検討されており、今後は病院・クリニックと介護事業所の連携が深まっていくことが予想されます。

社会全体での労働低下と医療従事者不足

高齢者が増え、若年層の人口が減少傾向にある現状は、2025年を迎えた時点でさらに加速すると考えられます。日本では若年層による労働力が引退後の高齢者の生活を支えているため、この現状が進むと労働資源の減少が問題となってきます。それに伴い、通常の医療はもちろん比較的医療が必要となる後期高齢者への十分な対応が難しくなり、医療サービスの低下を招きかねないことになります。
さらに今後は医療サービスのみではなく、後期高齢者に対応した医療+介護サービスのニーズが高まります。そのため医療従事者の現状のニーズとは相違が出てくる可能性に加えて、訪問医療の必要性も高まってきます。
このように医療従事者自身も今後のニーズの重要性は認識しているものの、残業過多となっている状況下でなかなか適切な体制にできないのが実状です。

社会全体での労働低下と医療従事者不足

今後、医療業界に求められる改善策

医療業界にまず求められるポイントは、地域と患者のニーズに寄り添った医療の提供です。今後、病院経営の観点からは、以下のいずれかの選択を迫られることになりそうです。

  • 基幹型の病院として高度医療を提供する病院として存続する
  • 地域医療を専門とする地域密着型の病院として医療+介護サービスを提供する

なかでも後者の需要は今後さらに高まると予想されるため、在宅医療や訪問医療など地域のニーズに合わせた運営が必要です。
またビジネスの世界では当たり前のことになっていますが、医療業界においてもIT導入を促進し、患者のカルテをクラウド上で一括管理するなど業務の効率化をはかり労働環境の改善を行っていくことが大切です。
色々と課題はあるとして、何をするにしても人材を確保することが必要です。

RE100取り組みによるコスト削減

RE100は「事業所全体の電気を100%再生可能エネルギーで調達する」といった理念のもと活動を行っています。100%再生可能エネルギーの電気を使用することで二酸化炭素の排出を削減できます。
2010年4月1日施工の改正省エネ法により、事業者全体(本社、工場、支店、営業所、店舗等)の1年間のエネルギー使用量(原油換算値)が合計して1,500kl以上であれば、国に届け出が必要となり、この中で年平均1%以上のエネルギー使用量を低減に努めなくてはいけません。
RE100の取り組みを行っていくことで二酸化炭素排出を大幅に削減することが可能です。国へも常に達成といった形で報告することができます。また、何よりもRE100といった最先端の環境活動に取り組むことにより、職員1人1人の意識改革につながります。節電、無駄な廃棄物削減、医療材料費の削減など、ある医療機関では前年度から1億円のコストカットにつながっています。
RE100の取り組みだけでは業績を改善することは難しいかもしれませんが、取り組みにより職員の意識改革を行うことで大幅な業績改善ができます。

RE100による環境イメージ

RE100は世界的にも約180社(世界大手企業)が加盟している団体です。加盟していなかったとしても、そういった団体の取り組みを行う病院・医療機関のイメージは日本国内だけではなく世界的に捉えてもインパクトは大きいものです。
十分な医療従事者が確保できていない病院・医療機関では人材確保の募集を行っても問い合わせ自体が少ないというのが現状です。給与UP、設備導入、設備改修、労働環境の改善などほとんどの病院・医療機関が行っていることと同じことを行っていては何も変わりません。
ではRE100の取り組みを公表した場合どうなるでしょうか。他と違った取り組みに感銘を受け、年間10名の応募が20名に増える可能性があります。2、3名増えるだけでも効果があります。他でそういった取り組みが行われていない今こそチャンスです。
  診療部門 看護部門 薬剤部門 放射線部門 検査部門 リハビリ部門
  病院数 割合 病院数 割合 病院数 割合 病院数 割合 病院数 割合 病院数 割合
人材の応募がない 110 84.0% 77 83.7% 81 86.2% 6 54.5% 14 73.7% 39 75.0%
希望する人材が見つからない 8 6.1% 13 14.1% 5 5.3% 0 0.0% 2 10.5% 7 13.5%
新規雇用が厳しい 4 3.1% 3 3.3% 5 5.3% 4 36.4% 3 15.8% 4 7.7%
募集方法がわからない 2 1.5% 0 0.0% 2 2.1% 0 0.0% 1 5.3% 0 0.0%
その他 25 19.1% 9 9.8% 7 7.4% 2 18.2% 2 10.5% 5 9.6%
  栄養部門 その他の医療技術部門 事務部門 介護部門 その他の職員
  病院数 割合 病院数 割合 病院数 割合 病院数 割合 病院数 割合
人材の応募がない 26 63.4% 13 68.4% 18 37.5% 59 84.3% 22 78.6%
希望する人材が見つからない 7 17.1% 2 10.5% 15 31.3% 10 14.3% 4 14.3%
新規雇用が厳しい 2 4.9% 1 5.3% 5 10.4% 0 0.0% 1 3.6%
募集方法がわからない 0 0.0% 0 0.0% 2 4.2% 2 2.9% 1 3.6%
その他 10 24.4% 3 15.8% 16 33.3% 6 8.6% 3 10.7%

まとめ

2025年問題や医療従事者不足などこれからの病院・医療業界は厳しさが増していくことは間違いありません。後期高齢者に合わせた医療ニーズを提供するためにも人材確保が必要になります。
周りと同じ内容、事業展開を行うのではなく、RE100の取り組みという環境活動へも目を向けてみることが大切です。RE100電力では「二酸化炭素を排出しない電気」を供給することが可能です。まさにRE100の基準に沿った電気の供給です。人材確保→医療+介護サービスの拡大といった好循環を生み出す一歩につながる可能性があります。
RE100電力では、病院・医療機関業界専用の電気料金プランを設けています。「RE100基準の電力」を現在ご契約されている電力会社の料金よりも安価に提供することが可能です。環境に優しく、二酸化炭素排出削減可能で安価なRE100電力の電気をぜひご検討ください。

電力プランをお考えの方は、下記までお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

その他のカテゴリー

ページのトップに戻る

CONTACT

RE100電力へのお問合せ・ご相談はこちらから

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ