1. Home
  2. CO2排出削減について
  3. 自家消費・自己託送の活用

CO2排出削減について

UTILIZATION OF SELF-CONSUMPTION SOLAR自家消費型太陽光の活用

再エネ発電所から電力供給を行う仕組みとして、自社の屋根や空きスペースに発電設備を導入することにより発電した電気を自家消費することが可能となります。自家消費のメリットとしては、FIT・非FIT発電所問わず自家消費した電気については100%再生可能エネルギーとして認められるといった点にあります。
また、自家消費することにより相当量の電気を電力会社から購入せずに済むため再エネ賦課金を自家消費量に応じて支払わなくていいといった経済的なメリットも生まれます。

SELF-CONSIGNMENT自己託送とは

「発電所名義」と「需要場所名義」が同じ、もしくはグループ会社であることが証明できれば、一般送配電事業者(東京電力など)が運用する送配電(電線など)を介して発電所で発電した電気を消費場所にて使用することが可能になります。つまり、自社屋根や空き地のスペースを確保することが不可能な企業においても「自己託送制度」を利用することにより発電所で発電した電気を自家消費することが可能になります。
事業所から離れた場所に再生可能エネルギー発電設備を導入しても自家消費を行うことが可能になり、「RE100」基準電力の供給が容易に達成できます。そのため、「RE100」が目指す脱炭素社会をより現実的なものにすることが可能です。
設備導入の費用や投資回収などの費用対効果の部分が気になる方は、RE100電力に是非お問い合わせください。

自己託送が利用可能なパターン例

自己託送が利用可能なパターン例

発電所と需要場所が同一名義、もしくはグループ会社の場合、自己託送制度が利用可能ですが、同一名義かつグループ会社でない場合は自己託送制度は利用することができません。
詳細内容については資源エネルギー庁が公表している「自己託送に係る指針」内の2ページ目に自己託送制度が利用可能な発電所名義と需要場所名義の関係性について明記されています。

DIFFERENCE BETWEEN FIT AND SELF-CONSIGNMENT固定価格買取制度(全量売電)と自己託送制度の違い

固定買取制度(全量売電)は発電した電気を売り、基本的には自社で使用することできません。
しかし、自己託送制度を利用することにより発電した電気を、自社から離れた使用場所へ送電することが可能になります。なお、使用場所で使わずに余った電気については、インバランス料金にて精算されるため、売電することができません。

※インバランス料金については市場価格によって変わります。

固定価格買取制度(全量売電)

固定価格買取制度(全量売電)

自己託送制度

自己託送制度

ADVANTAGES OF SYSTEM自己託送制度を利用することによるメリットとは

自己託送制度を利用することにより、自家消費と同じ扱いになるため「RE100基準の電気」として使用することができます。つまり二酸化炭素を排出しない電気を使用することができるのです。また、電気使用量に応じて課金される再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料調整費が課金されないため電気料金の削減にもつながります。

注)ただし、電線使用量(託送料金)が別途で経費として必要となります。

自己託送制度による二酸化炭素排出削減

自己託送制度による二酸化炭素排出削減

自己託送を利用した太陽光発電設備の電気のみでは全ての電力使用量を賄うことは難しいです。
したがって、不足分の購入電力については非化石証書を組み合わせることにより、二酸化炭素排出量を削減できます。自己託送制度を利用した発電所の電気は40年以上確保できる安心・安定した電源です。

※太陽光発電所のパネルは40年以上稼働してもなお発電していることが立証されています。

自家消費・自己託送制度を利用した二酸化炭素排出削減

試算電力管内 需要家タイプ 契約容量 年間推定使用電力 月間推定使用電力 非FIT発電所容量
東京 一般オフィスビル 200kW 300,000kWh 25,000kWh 100kW

現行の電力プランで使用している電気に自家消費・自己託送制度を活用し、電気を供給。
不足部分については、RE100電力グループ発電所のトラッキング付非化石証書を付与することにより、二酸化炭素排出量を0t-CO2を達成することが可能です。

現行電力構成/証書付与後の電力構成

まとめ

RE100電力では、「RE100」を達成するための電力供給について、①新規発電設備の導入②再エネ調達契約③環境価値証書購入のどのパターンにおいても提案することができます。また、太陽光発電設備の導入においてはどこよりも最安値で提供することができます。
「RE100」基準の電気を求められている企業様において、「RE100」を達成するための方法や仕組みなどが分からない場合でも、基本的な部分から発電設備の導入、二酸化炭素排出0の電気を供給するところまで全てをRE100電力がワンストップサービスにて提供します。
簡単な質問からでも大丈夫ですので、二酸化炭素排出削減や「RE100」基準の電気を求められている企業様は、ぜひお問い合わせください。

電力プランをお考えの方は、下記までお問い合わせください
メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
ページのトップに戻る

CONTACT

RE100電力へのお問合せ・ご相談はこちらから

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ