1. Home
  2. CO2排出削減について
  3. 非FIT発電所の活用

CO2排出削減について

NON-FIT POWER PLANT非FIT発電所の活用

電気と環境価値を融合

非FIT電気は固定価格買取制度(FIT法)の認定が必要がありません。
また、FIT電気と違うのが電気の流れに決まったルールがなく、発電した電気を誰かが購入しないといけないといった義務がありません。つまり環境価値においても発電所に付与されることになります。したがって非FIT発電所の電気においては電力供給先にも環境価値が付与されることになります。

つまり「RE100」基準の電力を供給するためには非FIT発電所の活用は欠かせないのです。また、非FIT発電所をより多く開発することにより環境価値証書の利用を削減することができるため、「RE100」の目的である脱炭素社会への推進力には絶対的に必要となる発電所となります。

近年においてはトラッキング付非化石証書を利用せずともブロックチェーン等の技術を用いて、どこの発電所から発電した電気なのかを紐づけることができるようになっています。

非FIT発電所については、トラッキング付非化石証書と同じような形で「非FIT非化石証書」として、今後発行される仕組みづくりが経済産業書で制度設計が進んでいます。FIT発電所で発行された非化石証書の利益は国が再エネ賦課金低減のために利用しますが、非FIT発電所で発行された非FIT非化石証書の利益は発電事業者が得られる仕組みづくりになっています。
>この制度が施工された場合、RE100電力で進めている非FIT太陽光発電所の開発がより加速度的に推進され、多くの企業様へ「RE100」基準の電力である非FIT電気を供給することが可能になります。

非FIT発電所を利用した、二酸化炭素排出削減

試算電力管内 需要家タイプ 契約容量 年間推定使用電力 月間推定使用電力 非FIT発電所容量
東京 一般オフィスビル 200kW 300,000kWh 25,000kWh 100kW

現行の電力プランで使用している電気に非FIT電気(35%)、不足分については非化石証書(65%)を付与し、電力供給を行います。RE100電力で開発を進める非FIT太陽光発電所は日中のみ発電するため必ず不足部分は出てきます。その部分についてはRE100電力グループ発電所のトラッキング付非化石証書を付与することにより二酸化炭素排出量を0t-CO2に達成することが可能です。

非FIT発電所を利用した、二酸化炭素排出削減

LIST OF SOLAR POWER PLANTSRE電力グループ太陽光発電所一覧

RE電力グループ太陽光発電所一覧

FIT発電所

福島県西白河郡発電所
FIT36円 2.43MW(稼働中)
千葉県市原発電所
FIT21円 2MW(稼働中)
千葉県市原発電所
1.50MW(稼働中)
(仮)岐阜県各務原発電所
FIT32円 2MW(2019年9月稼働予定)
福井県菖蒲裏谷発電所
1.305MW(稼働中)
和歌山県有田発電所
FIT40円 623kW(稼働中)
兵庫県赤穂発電所
FIT24円 316kW(稼働中)
島根県飯南長谷発電所
FIT36円 1.94MW(稼働中)
香川県高松市発電所
365.04kw(稼働中)
(仮)福岡県飯塚発電所
FIT24円 12MW(2020年3月稼働予定)
熊本県宇城発電所
968.5kw(稼働中)
茨城県霞ヶ浦発電所
FIT24円 136kW(稼働中)
千葉県市原発電所
1.75MW(稼働中)
群馬県桐生市発電所
低圧22区画(稼働中)
プラント清水店発電所
630kw(稼働中)
三重県多気郡発電所
FIT27円 52kW(稼働中)
大阪府枚方発電所
427.18kw(稼働中)
岡山県鏡原発電所
FIT24円 120kW(稼働中)
四国全域低圧発電所21か所
FIT24、27、32円 約1.3MW(稼働中)
愛媛県松山発電所
FIT40円 1.36MW(稼働中)
大分県別府発電所
FIT32円 1MW(稼働中)
長崎県五島発電所
FIT27円 232kW(稼働中)

他、全国に100ヵ所以上の発電所を保有しています。

非FIT発電所

徳島県吉野川発電所
59.4kW(2019年7月稼働予定)
全国各地
2020年は2MW稼働予定 2021年は5MW稼働予定

非化石証書

  • 山梨県重川発電所(水力)
    2018年度第3回非化石証書オークション 2018年7月~9月発電分   
    43,000kWh購入 2018年度第4回非化石証書オークション 2018年10月~12月発電分 47,000kWh購入

RE100電力グループでは、非FIT発電所の開発を推進しており、2019年度:5MW、2020年度:30MW(累計35MW)、2021年度:50MW(累計85MW)を目標に開発を進めています。「RE100」基準電力を求めているあらゆる企業様にお応えするためにも開発速度を上げています。

ページのトップに戻る

CONTACT

RE100電力へのお問合せ・ご相談はこちらから

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ